大阪梅田のダンススタジオで美容師がダンスの修行中

どうもダンサー美容師(見習い)の堀田です

僕は美容師です

そしてダンサー(見習い)です

今年の3月頃から

「ソウルアンドモーション梅田」

という大阪のダンススタジオに通い始めました

最初はHIPHOPクラス替え、アイソレーション基本クラスに通ってました

 

面白いとは思ったのですが

何かしっくりきませんでした

 

HIPHOPクラス、アイソレーション基本クラスと同時間に

「クランプ」

というのは謎のクラスがありました

 

どんなジャンルか全くわからないまま受講してみたら

完全にのめり込みました

クランプ最高っす

 

詳しいクランプの説明はこの後書きます

 

クランプに没頭しつつ

僕はある夢のために

あっこの夢についても後で書きます

 

同じく大阪梅田の

STUDIO  A-Sh(スタジオアッシュ)

にも通い始めました

同じくどんなジャンルか全くわからないまま

SOULクラス、ROCK クラスを受講してみました

 

今度は

ロックダンスにのめり込みました

 

このLOCK(ロック)についても後で詳しく書きます

只今ロックとクランプの二足のわらじでやらせて頂いてます

 

ロックとクランプの説明よりも

なぜ美容師である僕がダンスを始めたのかよりもまず先に言わせてもらう

 

ダンスはとってもとっても苦手です。

 

中学校の文化祭前日

ロックソーランに参加するため絶賛追い込み中の僕にある友達が

「ホッティー明日に間に合うの?」

もう前日ですよ。

 

専門学校時代、

地元友達と渋谷のクラブに行った

その翌朝

「ホッティーのノリ方ってキモいよね」

それ以来クラブに行っても萎縮します。

 

というように僕のダンスヒストリーは

散々なんです

苦手なんです

でも今では週2回休みの度にダンススタジオに足を運んでるんです

 

今一番楽しいことは何ですかと言われたら

ダンスと即答します

もちろん本業は美容師で美容師もめっちゃ楽しいですよ(~o~)

 

なのでそんなのめり込んでいるジャンル

ロックとクランプ

 

のジャンルについて説明しようと思う

 

ロックダンスとは

 

1970年代に誕生したジャンルの一つで

「ロック (LOCK)」聞くとと激しい音楽の「ROCK」想像しますが、

激しい動きから突然静止する動きが鍵をかける時に「カチャ」とロックする姿と似ている事からそう呼ばれるようになった

「ポイント」という指を指す動きはドン・キャンベルという人が

踊っている時に観客から笑われ、その人を指差したのが始まりと言わている

YouTubeから引用してきたので見てください

クランプダンスとは

 

犯罪発生率も高く情勢不安定なロサンゼルス

過酷な場所で生きる若者達が

ドラッグに手を出したり、ギャングの道に走ることを防ぎ、ダンスにぶつけようと

厳しい環境を生き抜くための手段として生み出された踊りである
「KRUMP」名前の由来

Kingdom
Radically
Uplifting
Mighty
Praise

の頭文字を用いている

ストンプ(足を踏み付ける)チェストポップ(胸を突き出す)アームスイング(腕を振り下ろす)の3つの動きがありとても荒々しいダンス

仲間とのバトルやセッションがメインとされる

言葉よりもわかりやすいのでこちらもぜひ

 

この2つのジャンルにのめり込み

毎週欠かさず週に2回通ってわけです

 

あるほろ酔いの夕方、

突如として自分の中で雷鳴が轟いた

「ダンスしよう」

その翌週にはソウルアンドモーション梅田に入会した

 

ダンスこそ最強のコミュニケーションツールだと思ったから

 

僕の夢は

「世界中の人たちと友達になること」

僕は酒が飲めます、髪が切れます

プラスアルファでダンスが踊れたら

 

仮にメキシコのゲストハウスにいるとする

 

一緒にダンスを踊る

そして髪を切る

そのあと一緒に酒を飲む

友達

 

そんなことをほろ酔いの夕方に

くそ真面目に思った

 

どうせやるなら

世界中のダンス踊ってみたいし

見知らぬ国籍も違う人とバトルもしたい

 

そんな思いで、ソーラン節もまともに踊れず、クラブで乗り方がキモいと言われた男

 

ダンス修行中でございます

 

世界中で、踊り、切り、呑む

 

それが僕の夢です

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です