効率の良い環境で思った効率の悪いこと

 

どーも関西が好きになり1ヶ月ちょっとで出るのを想像すると涙がちょちょぎれそうになるホッティーです

 

関西って良いよね

人と人との間が近い!

 

関西好っきゃねーーん

 

決戦は8月7日

実際にお客様に施術させてもらう日です

 

ベーシック真っ最中の前回書いたブログ

続続・宝塚ビューティーアカデミーに入校して

 

7月21日現在

パーマスタイル作りの真っ最中です

 

作るスタイルを選び

展開図を書き

カットとパーマで作り上げます

 

セニングもパーマもパターン化してしまい手札がまだまだない状態ですね

まだ数えられないくらいの課題はありますが

 

あと2週間で仕上げます

 

現状報告はここまで

 

今練習に明け暮れているアカデミー

先生は一人

美容室の一角でアカデミー生は練習をして先生は隣で通常のサロン営業をしています

よって作ったものを先生の空いた時間に見てもらうシステム

お店が定休日の時は付きっきりで見てくれますが

基本は教えてもらったことを反復しながらあーでもないこーでもないと考えながら練習します

 

サロンに属していたら教えてくれる先輩がたくさんいますね

個人のお店に所属していたら近い環境かもしれないですが

 

アカデミーは先生一人

いかに先生の考えや技術を盗みそれを目の前のマネキンに表現するかが大事だと思う

 

自分と向き合う時間が多いこの環境で思ったことを書こうと思います

 

まずは真似すること

 

以前所属していた美容室で朝晩問わずたくさんの先輩に見てもらいながら練習をしてました

そこで

「○○さんには~~と教えてもらってたので~~してます!」

そんなことを

違う先輩に言ってました

 

ある先輩に

「違うことを教わってもまずはそれを真似する!それがいっぱい集まったらホッティーのオリジナルになるから」

 

と教えてもらいました

実際に以前そういう発想で練習出来てたかというと完全に

NOです

「あの人は違うこと言ってたし」

 

なーんて下らないこと思いながら練習してしまっていました

 

この発想や発言ってとっっっても自分の成長を妨げてると思いますね

 

教えてる側の人も気分悪いと思うし

 

いちいちそんな事思う自分も気分悪いと思うし

 

自分のバックボーンやオリジナル一旦捨ててみたら?

 

別に特定の人でもないし

ただアカデミーに入って50日くらいたって激しく思うとこ

教えてくれる人は先生一人

簡単ですね

先生の真似をすればいいだけ

 

その中で

独自のコームの持ち方

やりやすいのかどうかわからんけど先生との同じ動きできてないやーん

 

以前のお店で教えてもらった切り方

前教えてもらってできなかったからここにいるんじゃないのー

 

雑すぎるコーミング

先生そんな髪の毛引き裂くようなコーミングしてたかなー

 

一人で作って納得して先に進む

それじゃ家で一人でやっててもエエヤーン

 

やたらとコテばっか使ってスタイリング

入校してから先生何回コテ使ったかなー

ブローで仕上げてるよね

 

これに共通してるのが

 

先生のやってないこと

 

見てないのか相当自信があるのかわからないけど

それって自分の成長妨げてない?

別に見てないからどうとか

やってないからどうとかじゃなくて

 

技術も考え方も口調も仕草も何もかも真似すればいいのになーーって

 

思うだけ

それが今の環境で一番成長する方法だと思うから

 

無意味なフィルター取っ払って成長していきたいですね

 

残りの期間も突っ走ります

では!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です