〜台湾一人旅〜携帯は便利なようで出会いを遠ざける

どうも体からほのかに台湾の香りがしてます堀田です

4日間台湾を放浪してました

 

台湾ビールとは比べられないくらい濃密すぎて空港行きのバスで書いてます

ちなみに台湾ビールはオリオンビールとは並ぶくらい好きです

おそらくこの4日間に限定したら

 

台湾ビール消費量トップ200くらいには入ってるはずです

これだけ指と脳がなめらかにブログを書いてるので

 

まずは出発前夜

勢いで一番早い航空券を取った結果

始発では間に合わないことに前日に気づき

会心の空港泊

ちなみに関空は早めに寝床取らないと大理石の上で寝ることになります

利用する際はお早めに

 

コールドストーンのアイスみたいになった体を起こし飛行機へ

桃園国際空港に到着し

なぜか日本式の緑茶を買ってた

台湾に来てまで、

一人で笑った

 

空港からバスに乗り

台北駅に到着

ピクニック大会が開かれてた

何回か行ったけど毎回開かれてたからこれが台湾スタイルらしい

 

台北から電車に乗り

千と千尋の舞台になったと言われる九份へ
瑞芳駅からバスが出てます

九份でまで我慢しようとしてましたが

つい空腹に負け

チヂミみたいなやつを頂く

20分くらいバスに揺られ

九份に

 

しかし張り切りすぎて向かった結果

3時頃に到着

ライトアップまでおよそ3時間

これじゃどこにでもある商店街じゃ

張り切りすぎた

とりあえず散策してみる

ソーセージ食べてみたり

食べかけすみません

景色を撮ってみる

コンビニで安い細巻き食べてみる

おそらく3周くらいはしたでしょう

流石に飽きて

 

お先に失礼しました

ちょっと暗くなってきたので

散策を始め

魯肉飯?

美味しかった

 

とうとう暗くなってきましたね

流石に3時間は長かった

すこーし暗くなってきた

3時間くらい徘徊し

ただの商店街が九份に変わった

 

ただ画質がとても悪い

クソ携帯め

ライトアップされたあとは異国のようだった

 

異国だけど

上の方に上がってくと夜景も素敵

ただ天気が悪いとモヤがかかってるので

晴れてる時を狙って行ったらいいかも

 

台北の中心地からも2時間もあれば行けます

この携帯の画質では伝わらないのでぜひ自分の目で見てくださいな(^^)

 

今日のゲストハウスのある西門(シーメン)

旧正月ということで

人がたくさん

台北はバスカー(路上でパフォーマンスをする人)もたくさんいる

ちょっと足を止めて見てみた

短い時間でもこれだけの人の心を動かす

台北の夜はこんな楽しみもあるのね

快く写真一緒に撮ってくれた

流石に疲れたので宿へ

 

NEXT TAIPEI HOSTEL シィーメンディン

なぜかオシャレバーがついてるゲストハウス

寝ようかなーって思ってたら

 

ゲストハウスの醍醐味が

世界をバスキングしながら旅してる

タイチさんとトモヤさん

美容師バーテンダーバンドマン

付き合ってはいけない3Bが

台湾の夜に集結

もう爆笑爆笑爆笑

 

日本出てみたら色んな人がいるのね

台湾のお金事情

 

通貨は元(げん)

 

だいたい1元で3円くらい

100元で300円くらい

ちなみに

水20元 ローカル食堂30~70元くらい

タクシー初乗り95元

電車も3駅くらいは20元で乗れる

今回泊まった一番高い宿でも500元

安いのを探せばいくらでも見つけられる

 

航空券も今回は旧正月で高かったが

往復一万円代なんてのはザラにあります

安い期間を狙ったら

五万もあれば不自由なく過ごせるね

 

マップは便利だけど出会いを無くしてることに気づいたほうがいい

 

今回一人旅ってことで空港でレンタルできるWi-Fiを借りようと思ったけど

借りなかった

特に理由は無く

 

手続きめんどくさそうだったから

確かに4日間不便といえば不便だった

 

調べたいことがあっても調べられない

道順を調べればすぐつくようなとこもマップが使えない

上げればきりがないけど

不便だった

 

それはマップにこれまで頼ってたし

調べれば何でも出てくることに慣れてるから

 

でも確信したことがある

この便利なものを使えることによって失ってるものがある

 

出会い

 

確かにマップを使ったら早くつける

調べたら観光地も美味しい食べ物もたくさん出てくる

 

でもこれらをしなくても到達できるし見つけることができることがある

簡単なようで忘れがちなことが

 

人に聞くこと

 

こんな単純なことだが

これで到達できるし見つけることはできる

それだけじゃなくて

 

それによって新たに決まる目的地もあれば

調べるよりも美味しいものを見つけることもできる

 

それはマップにものってないし調べても出てこないようなものも

 

何より

 

こんな機械に触れなくても本当の人の暖かさに触れられる

 

聞いたら教えてくれるし

わざわざついて来てくれるし

色んな言葉も教えてくれる

 

確かに携帯は便利

無くてはならないもの

 

でもそれによって失ってるものもある

 

下を向いて携帯のマップを見るんじゃなくて

前見て上見て迷って

それでも見つからなかった

 

聞いてみる

 

それだけのことで旅はひと味もふた味もドラマチックになると思う

 

 

台湾の親切な人達と知り合って思ったこと

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です